働き盛りの、薬剤師ブログ

s777jayu.exblog.jp
ブログトップ

<遺伝子組み換え作物>作付面積が過去最高に(毎日新聞)

 遺伝子組み換え作物の09年の世界での作付総面積が、過去最高の1億3400万ヘクタールとなったと、NGO「国際アグリバイオ事業団」(本部・米国)が26日発表した。前年比900万ヘクタール増で、商業栽培が始まった96年の約80倍になった。

 主な作物はトウモロコシ、大豆、ナタネ、ワタで、4種とも過去最高の作付面積。特に大豆は、世界の大豆作付面積約9000万ヘクタールの77%を占めた。

 国別の上位3位は、▽米国6400万ヘクタール▽ブラジル2140万ヘクタール▽アルゼンチン2130万ヘクタール。栽培国総数は、ドイツが栽培を中止したがコスタリカが新たに加わり、08年と同じ25カ国。

【関連ニュース】
食卓どこへ:遺伝子組み換え 反響特集Q&A 浸透じわり、高まる関心
有機JASマーク:ジャージー種牛乳で日本初認証−−北杜「キープ協会」農場 /山梨
八十八卵:宇城の休耕田で飼料米生産 熊本市で試食会、知事夫妻ら味わう /熊本
科学のまちから:筑波大遺伝子実験センター 「変異トマト」850種公開 /茨城
ことば:筑波大遺伝子実験センター /茨城

<大津波・津波警報>官房長官「沿岸に近づかないように」(毎日新聞)
1月税収9%減=ボーナス減少響く−財務省(時事通信)
外国人参政権、海外の実態は? 単純比較は不可能…日本固有の事情で議論を(産経新聞)
<大津波・津波警報>気象庁「小さくても安心せず引き続き警戒を」 (毎日新聞)
【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否(産経新聞)
[PR]
by s90vks5rag | 2010-03-05 01:11